ニューロフォリア アワーズ7月号の感想!!
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アワーズ7月号の感想!!

なんか今月号、興味深い漫画が多かったなぁ!
ということで、ドリフの感想以外は次のページでー!
(ナポレオン・それ町・ますらお)


↓全部ネタバレ!


・ドリフターズ
お豊、まさかのじじどんと徘徊なんですか!www
呆けたお豊が最強にラブリーですが、
どんどんドリフ界のゆるキャラ化が進んでいて心配です。
大丈夫だよね!だってほとんど出番がないのに
いざっていう時ラスボスオーラをまとって翻弄する主人公が
暴れまくる漫画描いてた作者の漫画だし!
とりあえず「王」よりも「一兵」から抜け出せないお豊感と、
彼の中でまだ続く烏頭坂。
そして誰もがそんな気配を察知して、お豊を気にしている。
そんな関係性がすごい萌える。
でも、そんな「まだ死に臨む」お豊だからこそかっこいいんだよな。
大人を感じるんだよな……。よだれたらしてても。

それよりも、まさかのじじどんの信解説で痺れました。
お豊がタガになってるのはわかってたけど、
そのタガの中に与一も入ってたのがうれしすぎて!

なんというか、あんまり描かれてないので
与一の役割と言うのがいまいち見えなくて心配だったんですが、
信にとっても与一はタガなのかぁ……すごくうれしい!感動した!
もっとこう、それがわかるようにですね……
与一がお豊と信の生活にどう関与してるのか
もーちょっと見せていただきたい……グヌヌ(わがまま)

今のまま変な解釈すると、信がお豊と与一という最前線で
動くコマがおるので、動かなくていいから
魔王が発動せんで安定している、という風にも取れるので……。
だって与一は信の過去をしりませんもの。
お豊のように「未来はこうなってる」と知らせて、
さりげに信をいさめるストッパーにはなれません。
かといって、源平の最前線の兵ではなかったので、
過去の事例を引いていさめている、とも取れなくて……。
義経よりも長く生きているので、与一があの戦の悲劇を
最後まで見ている……と言う風に考えると確かに面白いんですが、
それをしゃべってる与一あんま見ないしなぁ!モゾモゾ
まぁ、まとめると、もっと与一を大事にしてる信が見たいな!

そして、ようやく一番の見どころ「おひいさまの外交」ですよ。
動かなくても向こうからやってきたグ=ビンネン。
いろんな作品で戦争の間の「商人」というと、
「武器を売りたいがために戦争を望む」
という姿がよく描かれますが、ドリフではそうでないのが面白い所。
歴史を調べていないので妄想でしかないですが、
「銃」ができてからそういう考え方ができたんでしょうか。
だとすれば本当にこわいなぁ。人間の進化と効率化って。

戦争が起これば、グ=ビンネンも人が死ぬ。物資が消える。
彼らの目にはその散財が数字で見えている。
しかも彼らは「兵」ではないので、自らで戦うリスクが見いだせない。
だからその武器の生産も兵の教育も全部やってみせれる、
種族混合・物資もそれなり……?いや、全然ビンボーだけど
あんたたちグ=ビンネンにはない資材「うんこ」がある!
そんな矢面に立つ頼れる用心棒「オルテ」に
賭けてみませんかっていうお話……かな?
だってうんこ、化学兵器にもなるもんね。うんこすごい!
うんこで外交が結ばれた!
ドリフターズはうんこのすごさを語る漫画だったのだ!
Y E S !! う ん こ !!

それにしてもヒラコー先生の豚さんに対する
情熱がすごいと思いました。なんか描きこみすごくね?
この豚さんイタリアでマフィアの死体処理してる
豚さんじゃね?ってくらいまがまがしい。
ヒラコー先生オーク大好きだから豚さんも好きなの?
……まぁそれは関係ないですね!
要は今月のドリフはうんこだもの!

・それでも町は廻っている
最近、ゴールデンカムイにハマっているせいか、
北海道が気になる今日この頃、そんなときに
それ町が北海道に修学旅行!しかもアイヌコタン!
小学校の時に行きました!ムックリは買わなかったけど、
その時買ったアイヌ刺繍のハチマキと、
柄を模したハンカチはまだ残ってます!懐かしい!
修学旅行の思い出は人それぞれだけど、
勇気を出して告白した人たちが一番
デカイ成長と思い出を得るんですなぁとか思いながら。

・ナポレオン
あとナポレオンがゴヤの話を……。
我が子を食らうサトゥルヌスとか好きです。
最後は黒い部屋に閉じこもってたとか、
相当偏屈なおじさんというような評価は
聞いたことあるのですが、詳しいことは知りませんゴヤ。
我が子を食らうサトゥルヌスですが、
あれは神話の名前をもらってるけど、実際は
神話のワンシーンのつもりで描いたものでは
ないってのが伝わってきていいですよね……。
我が子を食らってでも生きざるを得ない。
そうせざるを得ない風潮とか……
あーこれだから戦争は!ってなるっていうか……。
民衆側の話を芸術家視点で描くとか面白いな。
こういう話もっと見たいな!真面目に最初から読んでたら
もっといろいろ楽しい漫画なんでしょうに……。
ナポレオン知識無さ過ぎて……ぬぬぬーう!
っていうかすごい終盤ですね。
ユゴーも出てくるんでしょう?
そうなんでしょう?楽しみにしとこう。
この漫画家さんの描くユゴーはマジかっこよさそう。

・ますらお
全巻読んで良かった!って言いたくなる展開でしたね。
義経が水泳が得意だとか、弁慶たちとの絆だとか
テムジンの弓だとか……。
そして弟もしみじみ、「三郎イケメンになったよなぁ」とつぶやく。
絵柄も少し変わりはった感じがします。
なんか前まであった少女マンガっぽさが薄れてきた気が……。
バトルシーンだからでしょうか。
あと、本当に北崎さんバトルというか、
知恵比べが好きだなぁというのが伝わってくる。
こんなにやりとりと、それがどういう効果をもたらして
どう解決するか事細かに描く人は滅多にいない。
生臭いっていうんですか?人間の体重感じるっていうかwww
とりあえず与一が仲間になるフラグ立ちまくりましたね!
ねじくれまがって薄暗い内容の割に
王道なのがますらおのいいところ!
竹を割ったようないい漫画です!
そういえば、義経の褌一丁シーンって
18年以上ぶりになるんでしょうかwww
単行本で一気に読むのが楽しみ!

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

大幸妄太郎

Author:大幸妄太郎
ペル2(達淳)・ドリフターズ(とよいち)に
メロメロ多幸症の妄太郎です。女装・SMが好き。
ハッピーエンド主義者。
サークル名:ニューロフォリア
通販ページ:http://www.chalema.com/book/newrophoria/
メール:mohtaro_2ew6phoria★hotmail.co.jp
(★を@にかえてください!)

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。