ニューロフォリア P3映画#3を見てきました!!
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P3映画#3を見てきました!!

ペルソナという作品を改めて思い出させてくれた、よい映画でした。
EDの曲も、ラストバトルを予感させる感じと、
ストーリー全体の哀愁がないまぜになっててよかったなー。

↓ネタバレ
ファルロスと理の問答、自分の中にいるペルソナとの語らい。
理の中にずっとずっと前から住んでいる同居人であり、
ある意味、誰よりも理解してくれている者。同一人物、死、タナトス。
この時に理は「誰かとつながりを持つということは、
それだけ失うことが悲しくなること」と言い、つながりを拒否しました。
その度にファルロスはそれを肯定しつつ、どこかさみしそうでした。
そして、最後のさようなら。

正直、こんな主人公でどうやってコミュをするんだ?
頭の中がハテナでいっぱいです。
ゲームを最後までやっていると、コミュが持つ意味合いが
ものすごく大きなもので、テーマになっていることがわかります。
はたして初っ端からこれでいいのか?不安でいっぱいです。

ところが、この話では初めて綾時が出てくるわけなのですが、
彼は理の中にずっといた、もう一つの人格と言ってもいいほど
密接になった「死」そのものです。
それが記憶のピースが全部そろったことで、二人はそれぞれ個となって、
お別れをしました。
そして、そのファルロスが綾時になって出てくる、というわけなんですが、
これが主人公とは正反対。
現れた瞬間から誰かとつながりを持ちたがる、とっても軽い子なわけです。
でも、誰かといっしょに遊ぶよりも、理と友人になる事、の方が大事なわけです。

そこで彼は、理に対して、周りとつながりを持つようにアピールをし始めます。
ここがすごく面白いなと思うのですが、友達の大切さを理解してもらうことで、
綾時と友達になることの大切さをアピールしている、ともとれますが、
彼に無いファルロスの時の記憶を思うと、少しだけ意味合いが違ってきますよね。
あの寂しそうな笑顔、本当はつながりの大切さを知ってほしい。
そういうことなんじゃないなかなぁと。
ずっと彼の中で、仲間たちとの関係性を見て来て、それに悩む理を見て、
死は何かを理解して、もう少し素直になればいいじゃない?と背中を押した……のです。
別れの象徴である「死」がですよ。
しかも、順平に対して、もう少し見守ってあげて的なセリフまで言います。
まぁ、ラストバトルのアレ見るともっとなんかこう、言いたくなりますけど、4章に置いとこう。
綾時が理のペルソナ、というところがすごく好きなんです。
それが実体化して表に出ている、でもそのうち、タナトスも出てくるんだろうな。
ペルソナを調べてませんが、今の理は
最終的にトールを召喚できるレベルになっています。
個人的に仮面が破れたアポロから達哉の顔が覗いている絵
(ペルソナ2のよくある演出)が好きなので、
タナトスの仮面が破れたら、中には綾時の顔があれば、と思っています。
でも、その時にはもう、お互い分離しているのでそれはないんだろうな。
光と影と言うよりも、もっと密接、表裏一体、そんな関係が好きです。

今回の話で、大切な人を亡くした人がたくさん出てきます。
多分、主要メンバー全員亡くしてますよね?
風花は友達の引越しですが、一応お別れが描かれていました。
真田と天田もそうですが、荒垣を亡くしたことで
理はより一層、死がおそろしくなっています。
そして、全員が全員、意識せずとも、自分の生きざま、
考え方を見せる事で、かたくなな理を変えていきます。
あの無感情の理が笑います。叫びます。
ここがものすごくよかった。
ここがペルソナだなぁとすごく思いました。

一人一人の人間に個があって、自分が見ていないどこかで、
彼らも成長している。人間は所詮、一人で生きている。
だけど別れても絆でつながっているからさみしくない。
みんなが成長していくおかげで、自分も強くなれた。

1,2では「心の海」と表現されていますが、3,4では「コミュ」でしょうか。
そして、ペルソナにはなんらか卒業というラストが用意されています。

それを改めて実感した時、やっぱりペルソナという
作品がメチャクチャ好きだ!と胸が苦しくなるくらい思いました。

ちょっとだけアレなこと言いますと、
2の主人公の達哉さんはつながりを信じられなかったから
罪で卒業ができなかったのだなぁと。
だから罰があった……と考えると、あれこれモヤモヤと思いが。
それはとってもいいモヤモヤで、また何か書ければいいなぁと思うのです。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

大幸妄太郎

Author:大幸妄太郎
ペル2(達淳)・ドリフターズ(とよいち)に
メロメロ多幸症の妄太郎です。女装・SMが好き。
ハッピーエンド主義者。
サークル名:ニューロフォリア
通販ページ:http://www.chalema.com/book/newrophoria/
メール:mohtaro_2ew6phoria★hotmail.co.jp
(★を@にかえてください!)

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。